貸し農園の基礎知識

【植えるのは種から?苗から?】野菜の育て方の違いとは

苗

野菜を栽培するなら種からか苗からか知りたい人向けです。

市民農園で野菜をはじめて栽培するけど、種マキから始めるのか、いっそ苗を購入したほうがいいのだろうか。どちらがおすすめか知りたいな。

野菜の栽培は、畑に直接タネをまく場合と苗を植え付ける場合があります。

タネから野菜を育てられれば安価ですが、畑を利用する期間が長くなります。

一方、苗から育てるには手間がかかりませんが、苗の費用が必要となります。

ただ、はじめて市民農園を利用する場合は、実際にどの野菜がどちらから育てたほうがいいかが分からないですよね。

そこで、今回は「【植えるのは種から?苗から?】野菜の育て方の違いとは」をご紹介します。

野菜の栽培なら種から?苗から?

市民農園で初めて野菜の栽培をするなら、種から育てようとして失敗するより、できる限り苗から育てるべきです。

一般的には、コマツナのような野菜の栽培期間が短い葉ものは種から始め、トマトやナスといった栽培期間が長い野菜は苗から始めるのが基本です。

ただ、種から良い苗を育てようと思うと初心者にはとても難しいので、苗から始めたほうが安全でしょう。

もちろん、野菜によって種から栽培したほうがいいものもあるので、どの野菜がどちらから育てたほうがいいかをご紹介していきましょう。

種から育てたほうがいい野菜

種から育てたほうがいい野菜は、一般的に根菜類です。例えば、ダイコンは移植を嫌うとされているので、種から間引きながら育てたほうがいいとされています。

その他にも、マメ類やイモ類も同様に種から育てたほうがいいされています。具体的には、ラディッシュ、エンドウ、ジャガイモ、サトイモなどですね。

さらに、葉もの野菜のなかでも、成長も早くて収穫するのに株数を多く作ることになるものも種からおすすめです。

コマツナ、ホウレンソウ、シュンギク、チンゲイサイなどです。

では、苗から育てたほうがいい野菜には何があるのでしょうか?

苗から育てたほうがいい野菜

苗から育てたほうがいい野菜は、育苗に時間と手間がかかり、株数がそれほど多く必要ないものです。

そのため、必要な株数だけ苗を購入するのがおすすめです。キュウリ、ゴーヤ、ピーマン、ナス、トマトなどです。

その他にも手間がかかる野菜としては、キャベツ、ブロッコリ、カリフラワーなど大きな野菜になるものは苗から育てるのが一般的です。

種や苗を植えるタイミング

種から植えるにしも、苗から育てるにしても、植える時期は発芽の適温と生育期間を考慮して決めることになりますが、栽培地の温度条件などを知っておかないと地域によって差があるので注意しましょう。

初めて野菜の栽培を始める方は、どの野菜をどのタイミングで植えればいいかは「野菜の栽培カレンダー」などを参考に決めましょう。

Googleの画像検索で「野菜の栽培カレンダー」のキーワードを打ち込むと、色々な野菜の種や苗を植えるタイミングを示したカレンダーが表示されます。

貸し農園サービスと市民農園はどちらがいいの?

結論としては、はじめて野菜の栽培を始めるなら貸し農園サービスです。

なぜなら、市民農園は利用料金は安いものの、基本的に農具や種などを必要な道具などを準備する必要があります。

さらに、指導員がいない場合が多いので、栽培方法の知識を勉強する時間や手間がかかります

料金だけで市民農園を選択しないように、シェア畑と市民農園の違いをまとめました。

市民農園
  • 利用料金が安い
  • 入会金や運営費が不要
  • 面積は広いが手間になるかも
  • アドバイザーがいない場合も
  • 募集が年1回が多い
  • 人との交流が少ない
シェア畑
  • 利用料金が高い
  • 入会金も初期費用として必要
  • 畑の広さを選びやすい
  • 菜園アドバイザーが駐在
  • 募集は空きがでれば随時OK
  • 人と交流しやすい

特に、市民農園は募集時期があるので、すぐに始められないことも。その点、シェア畑は空きがあればすぐに借りられます。

1年目はシェア畑、2年目は市民農園にチャレンジするのも方法の一つです。

\WEBで説明会に参加OK/

シェア畑をみてみる

指導員に相談可・手ぶらでレンタル!

口コミ・評判
【シェア畑の評判】悪い口コミは?料金以外の5つの良くないポイントを徹底検証|2022年版【シェア畑の評判や口コミを知りたい人向け】畑をレンタルできるシェア畑が気になるな。良い感想が多いと聞くけど、なぜ人気なのかな。やってみた評判はどうなんだろう。悪い口コミも知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...

↑目次へ戻る

はじめて畑をレンタルするなら?

結論としては、はじめて野菜の栽培を始めるなら貸し農園サービスです。

なぜなら、市民農園は利用料金は安いものの、基本的に農具や種などを必要な道具などを準備する必要があります。

さらに、指導員がいない場合が多いので、栽培方法の知識を勉強する時間や手間がかかります

料金だけで市民農園を選択しないように、代表的なシェア畑と市民農園の違いをまとめました。

市民農園
  • 利用料金が安い
  • 入会金や運営費が不要
  • 面積は広いが手間になるかも
  • アドバイザーがいない場合も
  • 募集が年1回が多い
  • 人との交流が少ない
シェア畑
  • 利用料金が高い
  • 入会金も初期費用として必要
  • 畑の広さを選びやすい
  • 菜園アドバイザーが駐在
  • 募集は空きがでれば随時OK
  • 人と交流しやすい

特に、市民農園は募集時期があるので、すぐに始められないことも。その点、シェア畑は空きがあればすぐに借りられます。

1年目はシェア畑、2年目は市民農園にチャレンジするのも方法の一つです。

\WEBで説明会に参加OK/

シェア畑をみてみる

指導員に相談可・手ぶらでレンタル!

口コミ・評判
【シェア畑の評判】悪い口コミは?料金以外の5つの良くないポイントを徹底検証|2022年版【シェア畑の評判や口コミを知りたい人向け】畑をレンタルできるシェア畑が気になるな。良い感想が多いと聞くけど、なぜ人気なのかな。やってみた評判はどうなんだろう。悪い口コミも知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...
シェア畑の料金
【シェア畑の料金が高い理由はコレ!】市民農園と費用を徹底比較シェア畑の料金が高いといわれる理由を知りたい人向けです。シェア畑を借りるのに料金が高いと聞くな。入会金も必要だと聞くし、本当はどうなのかな。利用する時の費用や注意点があれば知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...

↑目次へ戻る

まとめ

野菜を種から植えたいいのか、苗から育てたほうがいいのか、野菜の栽培をする人にとって大きな悩みです。

ただ、どの野菜でも初心者であれば苗から育てるが安心して野菜作りをすることができます。

あとは苗を植えるタイミングさえ間違えなければ、最初のつまずきを回避できるので、できるだけ失敗しない野菜作りを目指しましょう。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイト口コミ評判

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイト
口コミ評判

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイト口コミ評判