貸し農園の基礎知識

【余った野菜を販売できる?】貸し農園や家庭菜園で栽培した野菜を販売するには

余った野菜

貸し農園で栽培した野菜を販売できるか知りたい人向けです。

畑で無人販売所をみかけるけど、家族で食べる分の野菜は収穫できたので、余った野菜を販売したいな。無農薬だから売れるんじゃないかな。販売してもいいのかな。
ベジタン
ベジタン
営利目的かどうかでも判断が分かれるよ。

農園を訪れてみると野菜を机の上に並べて販売しているところを見かけることもあると思います。

思ったより野菜を多く収穫してしまい、家族だけではなく近所に配っても余ってしまった野菜を捨てるのももったいないですよね。

もし、捨てるとしても量が多ければ大変だし、どうせなら販売したらどうだろう、と思われる人もいるかもしれません。

ただ、野菜を販売するには、営業許可書とかが必要になるんじゃないの?と心配になるでしょう。

そこで、今回は「【余った野菜を販売できる?】貸し農園や家庭菜園で栽培した野菜を販売するには」をご紹介します。

貸し農園で栽培した野菜を販売してもいいの?

原則として、営利目的は不可。余剰分のみ、販売できることもあります

せっかく栽培した野菜などを食べてもらいたい、といった目的で自ら「個人直売所」を運営し、消費者に農産物を販売したいという気持ちがあるかもしれません。

結論から言うと、野菜の栽培場所などによっても販売が禁止されている場合があります。但し、農地法で細かく面積や方法などが規定されているため、簡単ではありません。

自宅の家庭菜園で作った野菜を販売したい場合

自宅で育てた野菜を販売することは可能ですが、無農薬や有機野菜と表記して販売する場合や加工して販売する場合に制限がかかるので注意が必要です。

↑目次へ戻る

シェア畑の場合

貸し農園を運営するシェア畑の場合は、農園に野菜の直売スペースが設置されていることもあります

営利目的としての販売はできませんが、余剰分のみ販売はできるようです。

場所によっては、「シェア畑マルシェ」といった野菜の直売コーナーを設けていたイベントを開催している場合があります。

↑目次へ戻る

マイファームの場合

同じく、貸し農園を運営するマイファームでは、直売所と提携して販路を確約する形でのサービスを提供しています

但し、あくまで営利目的でなく体験目的であることが強調され、こちらも余剰の作物のみ販売が出来るようになっています。

↑目次へ戻る

市民農園の場合

実は、市民農園における農地の貸付は、法律でレクリエーション目的のみに限定されています

つまり、農業としての営利目的での貸し付けは禁じられています。そのため、栽培した野菜の販売を禁止している農園もあります。

但し、マイファームと同様に自家消費分を超える余剰農作物のみ、直売所等で販売してもよい、ということになっているので販売ができる場合もあります。

↑目次へ戻る

【余った野菜を販売できる?】貸し農園で栽培した野菜を販売する方法まとめ

今回のコラムでは、「【余った野菜を販売できる?】貸し農園で栽培した野菜を販売する方法」をご紹介しました。

原則として、体験農業が目的なので、農業として業として販売するのは難しいようですね。但し、近隣のカフェなどに野菜を販売させてもらっている場合もあるようです。

但し、農園によっては栽培した野菜などの販売を禁止している場合があるので、貸し農園をレンタルする前にスタッフに確認しておくのをおすすめします。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る