貸し農園の基礎知識

【貸し農園のルール】市民農園で守るべき規則とは?初心者が知っておきたいこと

ルール

はじめて貸し農園を借りる時のルールを知りたい人向けです。

畑を利用する際にどのようなルールがあるのかな。禁止事項や知っておくと役立つことがあれば知りたいな。
ベジタン
ベジタン
まずは、基本のルールから知っておこう。

家庭菜園を始めようと考えている人が失敗するのは、意外と貸し農園や市民農園をルールを知らなかったということがよくあります

ただ、ルールは農園によっても違うので、後で気づいでもトラブルの原因になっているかもしれません

そのためには、どのようなルールがあるのかを事前に知っておく必要があります。

では、実際に畑をレンタルする時のルールには何があるのでしょうか?

そこで、今回は「【貸し農園のルール】市民農園で守るべき規則とは?初心者が知っておきたいこと」をご紹介します。

初心者が貸し農園や市民農園で知っておきたいルール

貸し農園を選ぶ際にもルールを知っておくこと大切です。

禁止や制限のある作物

農園だからといって、何でも作物が栽培できるとは限りません。

農園によっても異なりますが、一般的にツルものや木になるものなどは栽培でききない場合が多いですね。

貸し農園のスタッフに栽培できるものと出来ないものを事前に確認しておきましょう。

週1日来園や水やりのルール

一般的な貸し農園では週1回の来年を推奨しています。ただ、どうしても仕事や家の用事で来られない場合もありますよね。その場合、管理人がいると相談できるので安心です。

子どもの頃に植物を育てた経験から水やり当番を決めて毎日水をあげいけないと思われる方も多いですが、水やりは作物によっては毎日必要なものではありません。

例えば、トマトやジャガイモなどの乾燥に強い作物は植え付け時意外ほとんど水やりは必要ないので、毎週通うのが難しい場合は育てる作物を選ぶことも検討しましょう。

農薬や肥料の制限

貸し農園では無農薬や有機農法にこだわって募集してるところもありますが、借りる人の考え方でやり方も変わってくるのが実情です。

農薬を使って作りたい方もいれば、使わず作りたい方もいるので、最初に管理人と相談して、同じ考え方をしている方の横を利用できるか確認してみるのもおすすめです。

利用期間や退会・解約

農園によっては、利用期間が3年間といった期間が決まっている場合があります。

利用期間が終了しても更新もできるところもありますが、せっかく育てた作物を無駄にすることになるかもしれないので最初に利用期間を確認しておきましょう。

さらに、貸し農園は年間での契約が一般的なので、解約や退会がすぐにで出来ないことがあります。

企業が運営している場合は解約する前に3ヶ月以上前に申し出る必要があるところもあるので、入会時やレンタル開始前に解約・退会のルールも確認しておくのがおすすめです。

その他のルール

その他にも基本的なルールとして、駐車場やトイレ、ゴミの片付けなどがあります。

農園によっては駐車場やトイレが整備出来ているところもありますが、長時間の作業をするのにあたって必要なので、心配な方は最初から整備されている農園を選ぶのがおすすめです。

さらに、作業などで出たゴミは持ち帰るのが原則です。但し、刈り取った雑草や枯れたり腐敗した作物などを持ち帰るのは難しいので、堆肥ポットなどが整備されているところが望ましいですね。

↑目次へ戻る

初心者が知っておきたい貸し農園のルールまとめ

今回のコラムでは、「【貸し農園のルール】市民農園で守るべき規則とは?初心者が知っておきたいこと」をご紹介しました。

貸し農園を会社として提供している農園と市民農園では、ルールや規則なども違っています。

レンタル後にルールを聞いていなかったや、借りる農園を選ぶ前にどのようなルールに気を付ければいいのか知っておくのが大切ですね。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る