貸し農園の基礎知識

【屋上農園の特徴】ビルの屋上で野菜作りができるレンタル畑とは

どこで屋上農園を借りることができるか知りたい人向け。

通うのに便利な屋上農園はどこにあるのか?借りるのにはどうすればいいか知りたいな。問題点もあるのかな。

畑や農園と聞くと、多くの人が郊外や地方でしか借りることができないのでは?と思ってしまいがちです。

ただ、実は都会の真ん中でも野菜の栽培ができるサービスが「屋上農園」です。

特に、都市部で自家用車を持っていない人や、自宅から遠いと通うのが面倒という人も多いでしょう。

そこで、今回は「【屋上農園の特徴】ビルの屋上で野菜作りができるレンタル畑とは」をご紹介します。

屋上農園とはビル直結の屋上で野菜作りができるのが魅力

屋上農園とは、都市部の主要駅に隣接するビルやマンションの屋上にあるレンタル畑で、仕事帰りや休日でも立ち寄りやすい農園のことです。

何といっても駅そばや、駅に直結しているビルの屋上で野菜作りを楽しめるので、「電車で通える農園」なのが魅力です。

農道具や種・苗も準備されている屋上農園が多いので、手ぶら感覚で野菜作りを楽しむことができます。

屋上農園の問題点

屋上農園は駅から近いので通いやすく、農道具の貸し出しがあり、野菜の栽培を手伝ってもらえるサポータースタッフがいる反面、屋上農園の問題点は「料金が高い」というポイントです。

例えば、JR恵比寿駅直結の商業施設の屋上にある「ソラドファーム恵比寿」では、個人ファーム会員区画が3㎡・5㎡・6㎡と分かれていて、それぞれ102,300円/年(税込)・128,700円/年(税込)・152,900円/年(税込)と料金が安いわけではありません。

さらに、開園時間は商業ビルの営業時間に伴っているので、早朝や夕方に遅くに訪れるということはできません。

ただし、所定の手続きをすることで最大6名までの家族や友人の同伴が可能です。友人とシェアするというのも方法のひとつです。

農道具や種・苗も準備されている屋上農園が多いので、手ぶら感覚で野菜作りを楽しむことができます。

屋上農園一覧(東京・大阪)

人気の屋上農園ですが、どこで借りることができるのでしょうか。今回、都会の真ん中で野菜作りができる「東京と大阪の屋上農園」をご紹介します。

  • 都会の農園(東京)
  • まちなか菜園(東京・大阪他)
  • アーバン・ファーマーズ・クラブ(新宿・渋谷・恵比寿)
  • アオゾラ農園(大阪)

都会の農園(東京)

都会の農園は、ダイバーシティ東京 プラザ9階(屋上)にある都内最大級の屋上農園。

個人向けの区画(3㎡)40区画と小規模ながら、大根やにんじん、さつまいもなどの野菜を栽培することができます。

初心者でも安心して野菜の栽培を相談できるスタッフがいるのも特徴。農道具なども準備されているので、手ぶらで通えるのが便利です。

一般的な貸し農園と違って、ビルの営業時間が決まっているので、農作業ができる時間に制限があるので注意しましょう。

ダイバーシティ東京では駐車場も完備されているので、農園の会員証があれば4時間無料で駐車することもできます。

>>>都会の農園

まちなか菜園

まちなか菜園とは、ほとんどが駅直結の商業施設の屋上という利便性の良い立地にある貸し農園サービス。

菜園スタッフが定期的に訪問して野菜づくり等のアドバイスを行ってくれ、農道具なども貸し出してもらえるので、手ぶらで通うことができます。

「ソラドファーム恵比寿」「ソラドファーム戸田」「ソラドファームルミネ」「ソラドファームセレオ八王子」「ソラドファームニュウマン」「ならファミリー」「
あべのハルカスファーム」も農園も多いのが特徴。

都会の真ん中とは思えないほど開放的な空間で、野菜の栽培ができるので、手ぶらで寄り道できるマイ農園です。

>>>まちなか菜園

アーバン・ファーマーズ・クラブ

アーバン・ファーマーズ・クラブとは、原宿、渋谷、恵比寿に6カ所の畑と田んぼを作り、200名を超えるメンバーが活動している貸し農園サービス。

ビルが林立する都会をフィールドとして、自分たちで食べる野菜を自分たちで作ろう、というプロジェクトです。

「渋谷リバーストリートファーム」「恵比寿ガーデンプレイス」「東急PLAZA おもはらの森」「ウノサワ東急ビル」などの農園を利用することができます。

こちらは個人として野菜の栽培をするわけではなく、「市民ファーマー」になる参加費を支払うことでイベントなどに参加することができるようになります。

畑をレンタルするまでもいかないけれど、農作業とか畑仕事をしてみたい人にはおすすめです。

>>>アーバン・ファーマーズ・クラブ

アオゾラ農園(大阪)

アオゾラ農園は、 大阪府門真市にある関西最大級の屋上農園。ベアーズ大日ショッピングモールの屋上を利用した農園です。

イベント・講習会もあり、毎週水曜日と週末はスタッフがサポートしてくれるので、初心者でも安心して通うことができます。

その他にもBBQスペースもあるので、収穫した野菜をその場で食べられるのも大きな魅力。

利用プランには年間と半年があり、それぞれ60,000円(税抜)、48,000円(税抜)とリーズナブルな料金で利用できます(2020年6月現在)。

>>>アオゾラ農園

ビルの屋上で野菜作りができるレンタル畑まとめ

屋上農園にはメリットがたくさんありますが、逆に「料金が高い」・「営業時間が決まっている」などの問題点もあります。

あとは、利便性と料金を比較して、どちらを優先させるかで選択するのも方法のひとつでしょう。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る