食に関する資格

【食に関する資格】おすすめ通信講座は?野菜・食育・食全般の9資格を徹底比較|2021年版

近年は自宅で食事を作ることが多くなり、その安心感と楽しさから食への関心が高まっています。

特に、仕事に活用できるだけなく、正しい食生活の見直しや子どもへの食育などで活用できる食材の目利きや調理方法などに関心を持つ人が増えています。

そこで注目を集めているのが、「食に関する資格」。

今回、ご紹介する資格は下記の9つです。

食に関する資格は持っているだけの資格ではなく、家庭で活用できる一生の資格として人気があります。

ただ、食に関する資格と言っても種類が多く、どの資格を取得すればいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、今回は「【食に関する資格】おすすめ通信講座は?野菜・食育・食全般の9資格を徹底比較|2021年版」をご紹介します。

ベジタン
ベジタン
口コミや評判を調査してみると、資格を組み合わせていることが多いこと分かりました。まずは、資格を取得する目的を考えて選ぼう。

食に関する資格の3つの選び方

食に関する資格の選び方のポイントは、以下の3つです。

  • 1.資格取得後の活用法で選ぶ
  • 2.取得の費用と難易度で選ぶ
  • 3.資格の掛け合わせで選ぶ

1.資格取得後の活用法で選ぶ

資格を取得後に活用できるのかを考えて選ぶようにしましょう。とりあえず取得しておくのも方法のひとつですが、やはり目的に応じた取得が望ましいでしょう。

2.取得の費用と難易度で選ぶ

なかには独学で取得できる資格もありますが、資格を取得するには通信教育を利用することが一般的。費用と取得の難易度を調べて、自分に合った資格を選びましょう。

3.資格の掛け合わせで選ぶ

食に関する資格の口コミや評判をみてみると、資格を組み合わせて取得している人が多くなっています。単一の資格よりも複数の組み合わせも考えて選びましょう。

↑目次へ戻る

野菜に関するおすすめの資格4選

最初に、野菜に関するおすすめの資格を比較表にしてまとめてみました。

資格名 提供機関 講座費用(税込) 受験料(税込) 認定証等、発行料(税込) 標準学習期間 難易度 認定団体
野菜ソムリエ養成講座 日本野菜ソムリエ協会 148,000円(入会金 10,800円、受講料 137,200円) 初回受験のみ無料 無料 2~3ヶ月 合格率:約85%(会場受験) 一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会
野菜スペシャリスト
資格取得講座
ユーキャン 39,000円 無料 無料 5ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験) 一般社団法人FLAネットワーク協会
野菜コーディネーター
養成講座
がくぶん 38,700円 無料 修了証:3,400円、認定証:6,500円 4ヶ月 試験なし:講座修了のみ 一般社団法人 ホールフード協会
ベジタブル&
フルーツアドバイザー
資格取得講座
キャリカレ 28,600円(税込・WEB割引後・通常価格38,600円) 5,600円 無料 3ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験) 日本能力開発推進協会

仕事で資格を活用するなら「野菜ソムリエ」が一番おすすめです。理由は、取得者が少なく、本格的に仕事で資格をアピールする武器になるためです。

ただ、費用も高いので、取得しやすく名称が分かりやすい「野菜スペシャリスト」、費用が安い「野菜コーディネーター」や「ベジタブル&フルーツアドバイザー」も選択肢の一つです。

それでは、それぞれの資格の特徴やメリットをご紹介していきましょう。

野菜ソムリエ養成講座


公式サイト:野菜ソムリエ

講座名 野菜ソムリエ養成講座
提供機関 日本野菜ソムリエ協会
学習内容 生産者と生活者の架け橋となるための野菜や果物の目利きや調理法、流通ビジネス
講座費用 148,000円(税込)【内訳:入会金 10,800円、受講料 137,200円】
受験料 初回のみ無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 2~3ヶ月(実質の学習時間:7科目×2時間)
難易度 合格率:約85%(会場受験)

野菜ソムリエは、すでに5万人以上が取得し、ギャル曽根さん、山口もえさんなど、数多くの有名人や芸能人が取得している資格

費用が高いので、とりあえず資格を取得しておこうという人も少ないでしょう。ただ、試験の合格率が約85%と高く、取得しやすいのも人気の理由です。

受講料は安くないので悩んでしまうかもしれませんが、取得後のサポート体制もあり、他の資格と組み合わせる必要がない強力なアピールの武器になります。

野菜ソムリエ養成講座のポイント
  • ○単一の資格でもアピール力が強い
  • ○合格率が約85%と高く、取得しやすい
  • ○資格取得後のサポート体制がある
  • ×講座の受講料が約14万円がかかる
  • ×会場で試験を受ける必要がある
  • ×専業なら上位コースの取得が必要

\食の資格でアピールしたいなら/

野菜ソムリエ養成講座

資料請求は無料。説明会の案内もあります。

【野菜ソムリエ 資格の口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットで分かる講座の特徴|2021年版【野菜ソムリエ資格の口コミ・評判を知りたい人向けです】芸能人や有名人に人気の野菜ソムリエが気になるな。口コミや評判はどうなんだろう。講座のメリットやデメリットも知りたい。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【野菜ソムリエ資格の口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットで分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

野菜スペシャリスト資格取得講座


公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

講座名 野菜スペシャリスト資格取得講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 野菜と果物の基礎、調理の仕方、保存方法、選び方、生産・流通などに関する知識
講座費用 39,000円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 5ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

野菜スペシャリストは、ユーキャンが提供する通信講座の修了後の修了試験で合格すると取得できる資格です。大手の通信講座なので、安心して受講できるでしょう。

しかも、試験は自宅でサーポート期間(12ヶ月)以内であれば何度でも受験できるので、講座費用を払ったのに合格しなかったとなりにくいのも魅力のひとつ。

取得しやすいなら意味ないのでは?と思われがちですが、野菜スペシャリストの名称が消費者に分かりやすいので活用しやすく、家庭でも利用できる一生の資格です。

野菜ソムリエ養成講座のポイント
  • ○野菜スペシャリストの名称が分かりやすい
  • ○合格率がほぼ100%と高く取得しやすい
  • ○選び方や調理法などが家庭でも利用しやすい
  • ×講座の費用が約4万円かかる
  • ×取得の難易度が低いので取得者が多い

\名称を利用しやすい野菜の資格なら/

野菜スペシャリスト資格取得講座

通信講座の大手なので安心できます。

はじめての野菜作り
【野菜スペシャリストの口コミ】悪い評判は?6つのデメリットやメリットから分かる資格の特徴【野菜スペシャリストの口コミ・評判を知りたい人向けです】 ユーキャンの講座が人気があるらしいけど、野菜スペシャリストの評判や口コミはどうなんだろう。メリットとデメリットも知りたいな。こういった疑問に回答します。 ...

関連記事:【野菜スペシャリストの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットで分かる資格の特徴

↑目次へ戻る

野菜コーディネーター養成講座


公式サイト:https://www.gakubun.net/

講座名 野菜コーディネーター養成講座
提供機関 がくぶん
学習内容 西洋野菜・ハーブ・和野菜・香味野菜・山菜と幅広い知識と豊富なレシピ
講座費用 38,700円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 修了証:3,400円、認定証:6,500円
標準学習期間 4ヶ月
難易度 試験なし

野菜コーディネーターは、がくぶんが提供する通信講座を修了すると取得ができる資格です。料理研究家のタカコ ナカムラ先生が監修するホールフードが学べます

ホールフードとは、食も暮らしも農業も環境も繋がっているという考え方。特に、実践的なレシピが学べ、栽培した無農薬野菜を効果的に調理することができます。

早い人なら約2ヵ月で取得できるので、早く農家や産地直送の販売店などでも活用できる資格でしょう。

野菜コーディネーター養成講座のポイント
  • ○一般的な野菜以外にもハーブなどの知識も学べる
  • ○豊富なレシピを学んで家庭でも活用しやすい
  • ○学習期間も短く、試験がなく取得しやすい
  • ×修了証や認定証が必要なら費用が高くなる
  • ×コーディネーターの名称が生産者向けに感じられる
  • ×監修者の影響力が強いので、好みが分かれる

\ハーブの知識やレシピが学べる/

野菜コーディネーター養成講座

教材到着後8日以内ならキャンセルOK!

【野菜コーディネーターの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットから分かる資格の特徴【野菜コーディネーター養成講座について知りたい人向け】がくぶんの野菜コーディネーターの資格が気になる。費用や難易度、学習期間、試験の内容はどうなのかな。独学で取得できるのだろうか。評判や口コミも知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【野菜コーディネーターの口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットを徹底検証

↑目次へ戻る

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格取得講座


公式サイト:https://www.c-c-j.com/course/food/vegetable/

講座名 ベジタブル&フルーツアドバイザー資格取得講座
提供機関 キャリカレ
学習内容 野菜と果物を魅力的に伝えるテクニックやノウハウ、アドバイザーに必要なスキル
講座費用 28,600円(税込・WEB割引後・通常価格38,600円)
受験料 5,600円(税込)
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 3ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

ベジタブル&フルーツアドバイザーは、キャリカレが提供する通信講座の修了後に取得できる資格。認定は数多くの資格を手掛ける日本能力開発推進協会が実施

意外と農家などは自分たちの食材の魅力に気づきにくいので、生産者から得た情報を消費者にわかりやすく伝えることができるでしょう。

しかも、試験は自宅で試験が受けられるので、難易度も低く、テキストを見ながら受験するができます。

ベジタブル&フルーツアドバイザー資格取得講座のポイント
  • ○受験料を含めても費用がWEB割引で約3万円台と安い
  • ○資格取得後の就職サポートやサイト作成支援がある
  • ○学習が続かない人でも700日間の長期サポートがある
  • ×認定証の費用を含めると費用が約4万5千円かかる
  • ×費用も安く試験の難易度も低いので取得者が多い
  • ×別途費用として受験料が5,600円がかかるので面倒

\まずは、資料請求から/

ベジタブル&フルーツアドバイザー講座

資料請求は無料!

【ベジタブルフルーツアドバイザーの口コミ】悪い評判は?合格率から分かる講座の特徴【ベジタブルフルーツアドバイザー資格の口コミや評判を知りたい人向けです】]野菜の資格を取得したいので、ベジタブルフルーツアドバイザーが気になっています。口コミや評判はどうなのだろう。費用や合格率、独学でも取得できるか知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【ベジタブルフルーツアドバイザー】取得のメリットは?評判や口コミから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食育に関するおすすめの資格3選

次に、食育に関するおすすめの資格を比較表にしてまとめてみました。

資格名 提供機関 講座費用(税込) 受験料(税込) 認定証等、発行料(税込) 標準学習期間 難易度
食育実践プランナー講座 ユーキャン 39,000円 無料 無料 6ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)
食育アドバイザー
資格取得講座
キャリカレ 28,600円(WEB割引)
※別途、送料450円
無料 無料 3ヶ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)
食育インストラクター
養成講座
がくぶん 38,700円 無料 修了証:3,300円・認定証:6,600円+事務手数料440円 3~6ヵ月 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育の資格なら「食育実践プランナー講座」が一番おすすめです。理由は、標準学習期間が6ヶ月と逆に長く、じっくりと学習することができます。費用もシンプルで分かりやすいのも魅力。

ただ、「食育アドバイザー」や「食育インストラクター」なら上級レベルにチャレンジすることもできるので、どのレベルまで資格を取得したいかもあわせて検討しましょう。

それでは、それぞれの資格の特徴やメリットをご紹介していきましょう。

食育実践プランナー講座


公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

講座名 食育実践プランナー講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 講座は「おいしい」という味覚をキーワードに食育を学習
講座費用 39,000円(税込)
受験料 無料
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 6ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育実践プランナーは、ユーキャンが提供する通信講座で取得できる資格です。大手の通信講座なので、安心して受講できるでしょう。

この資格では、食に関する正しい知識だけでなく、特に子どもが3歳までに出来上がる味覚に対しての認識を高める方法を学ぶことができます。

資格取得のための試験は、講座の修了時におこなわれる自宅での試験で取得できます。そのため、難易度も低く取得しやすいのが魅力です。

食育実践プランナー講座のポイント
  • ○味覚がキーワードなので学習しやすい
  • ○家庭での実践を目指した学習ができる
  • ○在宅試験で資格が取得しやすい
  • ×講座の受講料が約4万円がかかる
  • ×難易度が低いので仕事で活用しにくい

\味覚を子どもに伝えたい/

ユーキャンの食育実践プランナー講座

資料請求は無料です。

食育実践プランナー
【食育実践プランナーの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴【食育実践プランナー資格の口コミ・評判を知りたい人向け】保育士の妻が食育実践プランナーの資格を取りたいと言っているけど、受講料も高いし、使えるのかな。独学で取れないのかな。口コミや評判も知りたい。口コミや評判を知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育実践プランナーの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食育アドバイザー資格取得講座


公式サイト:https://www.c-c-j.com/course/food/syokuiku/

講座名 食育アドバイザー資格取得講座
提供機関 キャリカレ
学習内容 子どもの成長を考えた実践的な知識やスキルと指導力
講座費用 28,600円(税込・WEB割引後、通常価格38,600円)※別途、送料450円
受験料 5,600円(税込)
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 3ヶ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育アドバイザーは、キャリカレが提供する通信講座で取得できる資格です。はんにゃの川島さんも取得されていることでも知られています。

口コミや評判では、食育アドバイザーの上位レベルである上級食育アドバイザーを目指している人も多いのが特徴

費用もWEB割引なら割引価格で受講することができ、資格取得のための試験は在宅で受験できるので、取得しやすいのが魅力です。

食育アドバイザー資格取得講座のポイント
  • ○食育アドバイザーの名称がアピールしやすい
  • ○講座費用がWEB割引なら約3万円以下と安い
  • ○試験が在宅でできるので資格が取得しやすい
  • ×講座費用以外に送料や受験料がかかる
  • ×上級資格も取得するなら約5万円以上かかる

\まずは、資料請求から/

食育アドバイザー講座

資料請求は無料!

【食育アドバイザーの評判】悪い口コミはあるの?メリット・デメリットから分かる講座の特徴【食育アドバイザーの口コミ・評判を知りたい人向け】保育士の妻が食育アドバイザーの資格を取りたいと言っているけど、費用も高いし、使えるのかな。独学で取れないのだろうか。口コミや評判も知りたい。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育アドバイザーの評判】悪い口コミはあるの?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食育インストラクター養成講座


公式サイト:https://www.gakubun.net/

講座名 食育インストラクター養成講座
提供機関 がくぶん
学習内容 服部幸應先生が監修。5段階のレベルのうち、プライマリー資格取得が目的
講座費用 38,700円
受験料 無料
認定証等、発行料 修了証:3,300円・認定証:6,600円+事務手数料440円
標準学習期間 3~6ヵ月
難易度 合格率:ほぼ100%(在宅受験)

食育インストラクターは、がくぶんが提供する通信講座で取得できる資格です。料理評論家の服部 幸應ゆきお先生が監修している講座。

養成講座では、「食品を見分ける選食力」「食のマナー」「地球の食を考える」という食育の3つの柱を中心に学習できます。

資格は講座の修了時に行われる自宅での試験で合格できれば取得できるので、難易度も低く取得しやすいでしょう。

食育インストラクター養成講座のポイント
  • ○服部先生が監修しているので馴染みやすい
  • ○試験が在宅でできるので資格が取得しやすい
  • ×認定証などの発行料や手数料が別途かかる
  • ×監修者の影響が大きいので、好みが分かれる

\服部 幸應ゆきお先生が監修/

食育インストラクター養成講座

資料請求は無料です。

【食育インストラクターの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴【食育インストラクターの口コミ・評判を知りたい人向け】食育の資格を取りたいけど、食育インストラクター資格はどうかな。口コミや評判を知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食育インストラクターの評判】悪い口コミは?メリット・デメリットから分かる講座の特徴

↑目次へ戻る

食全般に関するおすすめの資格2選

最後に、食全般に関するおすすめの資格を比較表にしてまとめてみました。

資格名 提供機関 講座費用(税込) 受験料(税込) 認定証等、発行料(税込) 標準学習期間 難易度
食生活アドバイザー®講座 ユーキャン 39,000円 2級:7,500円、3級:5,000円、2級・3級併願:12,500円 無料 4ヶ月 合格率:2級・約40%、3級・約65%(会場受験)
調理師講座 ユーキャン 44,000円 都道府県により異なる(例:東京都6,400円) 無料 4ヶ月 調理師試験(会場受験、合格率なし・合格点:約60%以上)

食全般に関する資格を活用するなら「食生活アドバイザー®+α」で取得するのがおすすめです。理由は、食生活と範囲が広いので、より専門の高い野菜や食育分野と掛け合わせがアピールしやすいでしょう。

調理師講座も2年以上の実務経験が必要なので、受験資格を満たす必要がありますが、定員制ではなく実技試験もないので基準を満たせばOKです。受験資格の詳細は、各都道府県の担当課などに確認しておきましょう。

それでは、それぞれの資格の特徴やメリットをご紹介していきましょう。

食生活アドバイザー®講座


公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

講座名 食生活アドバイザー®講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 食品表示など買い物に役立つ情報や経済と消費の仕組みの知識
講座費用 39,000円(税込)
受験料 2級:7,500円、3級:5,000円、2級・3級併願:12,500円
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 4ヶ月
難易度 合格率:2級・約40%、3級・約65%(会場受験)

食生活アドバイザー®は独学でも取得できる資格ですが、ユーキャンが提供する通信講座なら2級と3級が同時に取得できる資格です。

講座では食事のマナーから食品学、食のマーケットまで幅広く食にかかわるテーマを学ぶことができるでしょう。

資格取得のための試験は、会場で受験する必要があり、一般的な通信講座と比較して難易度は高いのが特徴です。

食生活アドバイザー®講座のポイント
  • ○食全般の基礎知識があることアピールできる
  • ○試験が会場受験なので資格に権威性がある
  • ○ユーキャンなら2級と3級の併願受験ができる
  • ×独学で受験するなら費用を抑えられる
  • ×会場で受験するので時間や手間がかかる
  • ×級によるが合格率が低く、難易度は高め

\まずは、資料請求から/

ユーキャンの食生活アドバイザー(R)講座

資料請求は無料です。

【食生活アドバイザー®の口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットで分かる資格の特徴【食生活アドバイザーの口コミ・評判を知りたい人向けです】食の資格を取りたいけど、食生活アドバイザーの評判や口コミはどうなんだろう。メリットとデメリットも知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【食生活アドバイザー®の口コミ】悪い評判は?メリット・デメリットで分かる資格の特徴

↑目次へ戻る

調理師講座


公式サイト:https://www.u-can.co.jp/

講座名 調理師講座
提供機関 ユーキャン
学習内容 テキスト学習で6ヶ月合格を目指す知識
講座費用 44,000円(税込)
受験料 都道府県により異なる(例:東京都6,400円)
認定証等、発行料 無料
標準学習期間 6ヶ月
難易度 調理師試験(会場受験、合格率なし・合格点:約60%以上)

調理師は、基本的に飲食店など調理として2年以上の実務経験がある人が試験に合格して取得できる資格です。

実務経験があることが前提で、あとはユーキャンの調理師講座を活用することでペーパー試験を受験する必要があります。

ただ、調理師試験は合格率が約60%と高めで、解答はマークシート方式。実技試験がないので、資格は取得しやすいといえるでしょう。

調理師講座のポイント
  • ○飲食店などで活用できる資格が得られる
  • ○試験はマークシート方式で実技試験がない
  • ○教育訓練給付制度が利用できる
  • ×試験を受験するための条件がある
  • ×標準の学習期間が約半年と長い
  • ×講座費用以外にも受験料がかかる

\2年以上の実務経験があれば/

調理師講座

資料請求は無料です。

調理師
【ユーキャン調理師講座の口コミ】悪い評判は?講座のメリットとデメリット|2021年版【ユーキャンの通信講座で調理師免許を取得しようか悩んでいる人向けです】調理師の免許は通信講座でも取れるのかな。ユーキャンの調理師講座があるらしいけど、どうなんだろう。口コミや評判を知りたいな。こういった疑問に回答します。...

関連記事:【ユーキャンの調理師講座】悪い評判は?口コミからわかる講座のメリットとデメリット|2021年版

↑目次へ戻る

結局、食の資格ならどれがおすすめ?

初めて食の資格を選ぶ場合、どの資格を取得したら良いのかわからない方も多いはず。

大まかにいえば、資格を取得後にどのように活用したいかで選ぶのが基本です。
よくある目的別におすすめの資格を選んでみました。

仕事で活用できる専門性のある資格を取得したい

仕事で資格を活用しようとすると、レベルの高い資格や国家資格が求められるでしょう。

例えば、野菜ソムリエや調理師です。

特に、野菜ソムリエ資格は合格率が高く難易度は高くはありませんが、費用の高いので他の資格と比べて目的意識が高い人が取得しているといえるでしょう。

さらに、上級レベルの野菜ソムリエプロ、野菜ソムリエ上級プロを目指すこともでき、調理師のような実務経験が不要なので、特化した資格を選ぶなら野菜ソムリエがおすめです。

気になる資格があれば資料請求してみよう

メニュー開発に携わりたい

メニュー開発といっても具体的な資格は不要なので、どちらかというと幅広い食の知識と専門性が高い資格を組み合わがおすすめです。

例えば、食生活アドバイザー®と野菜スペシャリストの組み合わせなどです。

食生活アドバイザー®は食の全般的な知識とスキルを身につけることができますが、範囲が広すぎるので仕事で活用したいなら専門分野の資格と組み合わせましょう。

食の資格に関する口コミや評判をみてみると、食生活アドバイザー®+αで資格を取得する意見が多いのが印象的でした。

気になる資格があれば資料請求してみよう

資格をネームバリューとして利用したい

資格を取得すると修了証や認定証をもらえると専門家として見られやすくなります。

そのため、仕事に関する資格で名称が一般の人にもわかりやすいものを選びましょう。

例えば、野菜スペシャリストや食育アドバイザーです。

仕事の種類にもよりますが、資格の名称のなかには関係者向きなのか消費者向けなのかが分かりにくいものもあります。

その点、権威性を高めなら上記の2つのように名称が分かりやすい資格を選びましょう。

気になる資格があれば資料請求してみよう

家庭だけで利用できるだけで十分な人

仕事に活用するわけではなく、日常的に家庭で利用したいという人なら、調理レシピや食のマナーが学べる資格を選びましょう。

例えば、野菜コーディネーターや食育実践プランナーです。

どちらの資格も取得の難易度は低く、家庭で利用できる知識やスキルを身につけることができます。

気になる資格があれば資料請求してみよう

↑目次へ戻る

食に関するおすすめの資格まとめ

今回のコラムでは、「【食に関する資格】おすすめ通信講座は?野菜・食育・食全般の9資格を徹底比較|2021年版」をご紹介しました。

最後にもう一度おすすめの野菜・食育・食全般の資格をまとめておきます。

食全般に関する資格のおすすめ

資格を取得することがゴールではなく、取得後にどのように活かしていくかが大切です。

通信講座を利用することで体系的に知識を身につけることができ、学習の意欲もわきやすくやります。

ご紹介してきた資格は仕事だけでなく、家庭でも活かせる一生の資格なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

↑目次へ戻る