野菜の基礎知識

【元肥・追肥・中耕】知っておきたい土壌の管理方法とは

土壌

土壌の管理方法「元肥・追肥・中耕」について知りたい人向け。

「野菜を植えてからも土壌を管理したほうがいいと聞いたけど、どうすればいいのかな。元肥、追肥、中耕とかあると聞いたけど、何かな。やる理由も知りたいな。」

種や苗を植えたあとは単に野菜が育っていくのを待っている、というわけにはいかず、野菜が成長していく上で土壌管理が欠かせません。

栽培の管理で重要なのが、実を大きく太らせるための「元肥・追肥・中耕」です。

これをやるのとやらないのでは生育に大きな違いが出てくるので、それらが何かや、どのような効果があるのかを知っておくことはとても大切です。

そこで、今回は「【元肥・追肥・中耕】知っておきたい土壌の管理方法とは」をご紹介します。

土壌の管理方法「元肥・追肥・中耕」

知っておきたい土壌の管理方法とは、元肥・追肥・中耕の3つです。それぞれの意味や効果を紹介していきましょう。

元肥とは最初の土づくりで使用する肥料

元肥(もとごえ)とは、植物の種や苗を植え付けるなどに事前に与える肥料のこと。元肥は根の初期生育を促進する役割があります

土の下にある根の生育を促進しようと思って元肥を与え過ぎると、肥料バランスが崩れて根の生育が抑えられる原因となります。

肥料といっても色々な種類があるので、野菜に適した肥料を与える必要があります。

追肥とは野菜の生育途中で与える肥料

追肥(ついひ)とは、野菜が育っていく途中で追加で与える肥料のこと。追肥は株を健全に育てる役割があります

肥料は雨などで流失したり、生育期間が長い野菜の場合、途中で肥料を与えなければ「肥料切れ」が起こる可能性があります。

そのため、追肥を行うことで肥料を補充してあげることで生育を遅らせないという意味では大切です。

追肥にも種類が色々とありますが、ぼかし肥料や液体肥料などで肥料分を補うことができます。

補充する肥料の量は野菜の種類や育成状況によっても異なります。ただ、一度与えた肥料は戻せないので、少なめに与えていくことがポイントです。

さらに、ホウレンソウやコマツナなどの育成期間が短いものは追肥は不要なので、野菜ごとに必要かどうかも確認しておきましょう。

中耕とは株と株の間などを軽く耕すこと

中耕(ちゅうこう)とは、畝や列の間にある株と株の間などを深さ3cmのところまで軽く耕す作業のこと。

種まきや苗植えをしてからしばらく経つと、雨などによって土の表面が固くなって水はけが悪くなります。こうなると通気性も悪くなり、根に届く酸素が不足して生育が悪くなります。

土の表面を軽く耕すことで、水はけと通気性をよくすることで生育の抑制を予防したり、除草にも役立ちます

貸し農園と市民農園の違い

元肥や追肥、中耕といった土壌の管理方法は、はじめて野菜づくりをする人にとってはよく分からないものですよね。

特に市民農園では、指導員やアドバザーが不在な農園も多いので、相談できる相手がいないと先回りして自分で調べてやるしか方法がありません

ただ、シェア畑やマイファームなどの貸し農園には、アドバイザーが常駐しているので、こういった土壌の管理方法については事前に教えてもらえるメリットがあります。

貸し農園は市民農園と比べて料金が高いというイメージがありますが、こういった先に知っておかなければいけない知識を教えてもらえることができるので、これらも考慮してどちらを利用するかをよく検討しましょう。

元肥・追肥・中耕の土壌管理まとめ

今回のコラムでは「【元肥・追肥・中耕】知っておきたい土壌の管理方法とは」をご紹介しました。

元肥・追肥・中耕の3つは、根が育成していく上で必要な作業です。

野菜ごとに方法やタイミングが違っているので、育てている野菜ごとにどのように管理が良いかを調べましょう。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る