野菜の基礎知識

夏野菜は何がおすすめ?3・4・5月頃に植え始める野菜とは

3・4・5月頃に植え始める野菜が何かいいかを知りたい人向け。

春先に種や苗を植えておくといい夏野菜でおすすめは何かな。植え付け時期や特徴も知りたいな。
ベジタン
ベジタン
夏物は種類が多いので野菜選びが大変です。

野菜には旬があるので、その時期にたくさん食べることで栄養を得られます。

野菜を栽培する旬を考えた種や苗植えをするのがおすすめです。

でも、はじめて野菜作りを始めるときには野菜の何が旬で、いつ植えればいいのかなどを調べないといけません。

特に、夏野菜は1年の中で野菜の種類が多い時期でもあるので、何を育てるかによっても野菜作りの楽しさが違ってきます。

では、夏に収穫する前に春に植え付けを始める野菜には何があるのでしょうか?

そこで、今回は「夏野菜は何がおすすめ?3・4・5月頃に植え始める野菜とは」をご紹介します。

3月・4月・5月頃に植える夏野菜の特徴

夏野菜の特徴は、濃い緑色の葉ものが多いことです。

特に、紫外線による酸化作用をはねのけるポリフェノール類やカロチノイドなどが含まれています。

基本的に夏野菜は収穫期間が長いので、収穫量も多い夏に向けて野菜の種や苗を植えておきましょう。

代表的な夏野菜には、キュウリ、トマト、カボチャ、ナス、ピーマン、エダマメ、トウモロコシ、ゴーヤ、モロヘイヤなどがあります。

6・7・8月頃が夏野菜を収穫できる時期なので、植え付けは3月下旬~5月上旬ぐらいから種や苗を植えて野菜を育てるのがおすすめです。

↑目次へ戻る

3月・4月・5月に植える夏野菜の育て方

代表的な夏野菜の育て方をご紹介します。

  • トマト(植え付け時期:4~6月)
  • キュウリ(植え付け時期:4~5月)
  • ナス(植え付け時期:2~3月)

トマト

トマト
畑で野菜を栽培するなら、一度は挑戦して欲しいのが「トマト」。ナス科の野菜なので同じ作物を毎年植えると枯れる原因となる「連作障害」に注意が必要です。

①4~5月中旬が種まきのタイミングで、連結ポットなど仕切りのある種まき用の容器に種をまいて苗を育てます。

ホームセンターなどでは苗が売られているので、そちらを購入するのもおすすめです。

②苗を植えるときは30cmほど間隔があけられる日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。

③栽培中は水やりを控えめにすると濃厚な味が、多めにするとジューシーなトマトが育ちます。

トマトは意外と手間がかかる野菜なので、初心者というよりは一通り野菜作りをした方が挑戦するのに適した野菜です。

キュウリ

キュウリ
キュウリはみずみずしさが大切なので、風通しと日当たりのよい場所に植え付け、たっぷりと水を与えることが栽培のポイントです。

トマト同様にウリ科の野菜なので、連作障害には注意して毎年同じ土で栽培しないようにしましょう。

1株で約10~30個の収穫が見込めるので、畑が狭い場合にはホームセンターなどで苗を購入するのがおすすめです。

①キュウリの苗を植える際には、株同士の間隔が40~50cmとってマルチフィルムに穴を空けておきます。

②マルチングをしていれば保湿の作用もあるので、水やりを頻繁にしなくてもいいので簡単です。

③キュウリはつるを伸ばして生長するので、植え付けてから1週間後には絡ませられる支柱を立てていきます。

④キュウリの収穫時期は、6月上旬~9月下旬までと長いので、2~3回に分けて栽培をして収穫の時期をずらすのも方法のひとつです。

ナス

ナス
ナスの植え付け時期は、種まきが2~3月、4~5月頃になると苗が成長してきます。もし、苗を購入するのであれば、4月下旬~5月が苗植えのタイミングです。

①こちらもキュウリと同様に土にたっぷりと水を与え、表面を黒いマルチで覆います。

②苗は50~60cm間隔で株を植える穴を空けておきます。

③ナスも草丈が1m以上になるので、50cmぐらいになったら、それぞれの株の横に支柱を立てていきます。

花が咲いてから30日経った頃から、実を収穫できるようになります。

↑目次へ戻る

実は、Amazon読み放題サービスKindle Unlimitedの対象になっている場合もあります。

有機・無農薬 夏野菜をおいしくつくる基本とコツ

学研プラスが刊行している「有機・無農薬 夏野菜をおいしくつくる基本とコツ」。発刊日は古くても基本は変わりません。

夏野菜づくり 超基本とコツのコツ

増刊として発行されている「夏野菜づくり 超基本とコツのコツ」です。こちらは発刊して新しいですね。

↑目次へ戻る

3月・4月・5月に植え始める夏野菜まとめ

今回のコラムでは、「夏野菜は何がおすすめ?3・4・5月頃に植え始める野菜とは」をご紹介しました。

野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、特に夏野菜には光合成で作られたビタミンが多く含まれているものが多いです。

さらに、夏野菜は収穫時期が長いですが、つるが伸びる野菜も多いので支柱などを立てるなどのスキルが必要な場合もあります。

野菜栽培が初めての方は、「食べたい野菜」よりも「育てやすい野菜」を選ぶのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る