▶人気のおすすめ発酵資格はコチラ>>>

【薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違い】人気資格を徹底比較

薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違いを知りたい人向けです。

薬膳の資格には色々あるけど、薬膳マイスターと薬膳アドバイザーは何が違うのかな。結局、どちらがいいんでしょうか。
みつき
2つの資格を比較してみました。

薬膳の資格には色々とあるのをご存知でしょうか?

なかでも、薬膳マイスターと薬膳アドバイザーはどちらがいいのか悩む人が多いですよね。

まずは、簡単に2つの違いを下記のようにまとめてみました。

薬膳アドバイザー薬膳マイスター
認定団体東京カルチャーセンター一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用(税込)39,800円38,700円
諸費用(税込)なし認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間4ヶ月4ヶ月
試験形式試験なし在宅受験
合格基準特になし70点以上
意見・評価口コミ・評判口コミ・評判
提供機関楽学ネットがくぶん

では、結局、薬膳マイスターと薬膳アドバイザーはどっちがいいのかな?と疑問に思いますよね。

そこで、今回は「【薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違い】人気資格を徹底比較」をご紹介します。

目次

薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違い

まず最初に、資格の認定団体の違いについて比較してみます。

薬膳マイスター薬膳アドバイザー
認定協会一般社団法人 和漢薬膳食医学会東京カルチャーセンター

薬膳マイスターの認定団体

薬膳マイスターは、一般社団法人 和漢薬膳食医学会の民間資格。和漢薬膳とは、中国の薬膳を日本風にアレンジした日本のオリジナル資格を認定。

日本人向けでほどほどに活用したいなら薬膳マイスターです。

薬膳アドバイザーの認定団体

薬膳アドバイザーは、東京カルチャーセンターです。

薬膳資格の取得に必要な費用の違い

薬膳マイスター薬膳アドバイザー
講座費用(税込)38,700円38,800円
認定証の発行(税込)認定料8,800円・事務手数料440円無料

どちらも資格の取得だけなら費用に差はありませんが、認定証などの発行するなら薬膳マイスターは別途の費用がかかります。

薬膳資格を取得する難しさの違い

薬膳マイスター薬膳アドバイザー
試験形式在宅受験特になし
試験時間特になし特になし
合格点70点以上特になし
合格率約100%約100%
標準学習期間4ヶ月4ヶ月

薬膳マイスターは在宅受験で、薬膳アドバイザーには試験がありません。試験の有無で考えれば、薬膳アドバイザーが取得しやすいといえます。

結局、薬膳の資格を取るならどっち?

同じように薬膳の資格はどれがいいのかな?と疑問に思いますよね。

個人的な結論は、薬膳マイスターです。

確かに費用も薬膳アドバイザーと比べてかかりますが、認定団体が一般社団法人 和漢薬膳食医学会であること。

さらに、日本人向けの薬膳料理が学べるからです。

\ 日本人向けの薬膳を学べる /

資料請求は無料です!

薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違いまとめ

今回のコラムでは「【薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違い】人気資格を徹底比較」をご紹介しました。

薬膳マイスターと薬膳アドバイザーには、それぞれの良い特徴があり、どちらを取得しようか悩まれる方も多いと多いと思います。

薬膳アドバイザー薬膳マイスター
認定団体東京カルチャーセンター一般社団法人 和漢薬膳食医学会
講座費用(税込)39,800円38,700円
諸費用(税込)なし認定料8,800円・事務手数料440円
標準学習期間4ヶ月4ヶ月
試験形式試験なし在宅受験
合格基準特になし70点以上
意見・評価口コミ・評判口コミ・評判
提供機関楽学ネットがくぶん

まずは、比較するためにも無料の資料請求から始めてみましょう。

資料請求先

あわせて読みたい
【薬膳コーディネーターは独学で取れる?】資格の難易度と合格率 薬膳コーディネーターが独学で取るなら難易度や合格率を知りたい人向けです。 実は、薬膳コーディネーターは独学で取得できず、難易度は高くない資格です。 ただ、内容...
あわせて読みたい
【薬膳の資格ならコレ!】どれがいい?おすすめ5選を徹底比較 薬膳の資格はどれがいいか、おすすめを知りたい人向けです。 近年は自宅で食事を作ることが多くなり、その安心感と楽しさから食への関心が高まっています。 そのなかで...
目次
閉じる