貸し農園の基礎知識

【冬野菜ならコレ!】9月・10月・11月に植える野菜おすすめ一覧

冬野菜

9・10・11月頃に植え始める野菜が何かいいかを知りたい人向け。

冬野菜を作りたいので、秋先に種を植えておくといい野菜は何かな。冬野菜の特徴や植え付け時期も知りたいな。

野菜には旬があるので、その時期にたくさん食べることで栄養を得られます。

なので、野菜を栽培する旬を考えた種や苗植えをするのがおすすめです。

でも、はじめて野菜作りを始めるときには野菜の何が旬で、いつ植えればいいのかなどを調べないといけません。

特に、冬野菜は夏野菜や秋野菜が終わった後に収穫できる糖度の高い野菜が多くなります。

そこで、今回は「【冬野菜ならコレ!】9月・10月・11月に植える野菜おすすめ一覧」をご紹介します。

9月・10月・11月頃に植える冬野菜の特徴

冬野菜の特徴は、寒くなるにつれて野菜が糖分を貯め込む性質があるので、甘みが多い野菜が増えます。

最近ではハウス栽培や栽培方法の進歩に伴って、もともとは冬の野菜だったものも1年を通して売られるようになりました。

ただ、本来の冬の寒さを体験した野菜たちは、ハウスものよりも栄養価が高くなることが分かっています。

そのような冬の野菜を楽しむためにも秋口ぐらいから種や苗を植えておきましょう。

↑目次へ戻る

代表的な冬野菜の種類

代表的な冬野菜には、ダイコン・ハクサイ・キャベツ・ホウレンソウ・ブロッコリー・ネギなどがあります。

  • ダイコン(植え付け時期:9~10月)
  • ハクサイ(植え付け時期:9~10月)
  • ホウレンソウ(植え付け時期:9~11月)

ダイコン


ダイコンは根が非常に深く伸びるので、耕土が深く、保水力がありる土壌が適しています。

栽培方法は株間30cmで1ヶ所に4、5粒を点まきするだけです。初心者でも簡単にできますね。

軽く土をかぶせたら、鎮圧して種と土を密着させ、たっぷりと水をやります。

植え付け時期は9月~10月で、種まきから約2〜3ヶ月ぐらいで収穫することができます。

ダイコンはアブラナ科なので、同じ場所での栽培を続けると連作障害が起こるので気を付けましょう。

ハクサイ


水分が多く、味が淡泊で鍋ものの材料としてよく使われるのがハクサイ。

ハクサイを種から育てる場合は、ポットなどに3〜4粒ずつ種をまき、軽く覆土して、たっぷりと水をやります。発芽して葉が開いたら2〜3本に間引いて1本立ちにしおてきます。

初めて農園を始められる方は、最初から苗を購入しておくのもおすすめです。

植え付けは、本葉4〜5枚が出た頃がタイミングで、株間40〜50cmほど開けて畑に定植します。

収穫は、植え付けから約2~3ヶ月頃となり、上部が固く締まってきたら収穫時期となります。

ハクサイもアブラナ科なので、同じ場所での栽培を続けると連作障害が起こるので気を付けましょう。

ホウレンソウ


和・洋・中のどんな料理にも使える便利な緑黄色野菜がホウレンソウ。鉄分が豊富なので、冬にはホウレンソウを多く食べるのがおすすめです。

ホウレンソウは、土壌の酸性が強い場合(Ph)は生育が悪く不ぞろいになりますので、種まきの2週間以上前に苦土石灰を全面に散布して耕しておきます。

種をまく際は畝に溝を作り、互いの間隔が1~2cm程度になるようばらまきし、約1cmの厚さに覆土して軽く土を押さえた後に水やりをします。

草丈が25〜30cmになれば収穫時期になりますが、種まきから約1か月ほどで収穫できるので成長が分かりやすく初心者向けです。

↑目次へ戻る

冬野菜を栽培するために参考になる書籍

学研プラスが刊行している「有機・無農薬 秋冬野菜をおいしくつくる基本とコツ」。発刊日は古くても基本は変わりません。

created by Rinker
¥990
(2022/01/29 08:33:04時点 Amazon調べ-詳細)

実は、Amazon読み放題サービスKindle Unlimitedの対象になっている場合もあります。

↑目次へ戻る

はじめて畑をレンタルするなら?

結論としては、はじめて野菜の栽培を始めるなら貸し農園サービスです。

なぜなら、市民農園は利用料金は安いものの、基本的に農具や種などを必要な道具などを準備する必要があります。

さらに、指導員がいない場合が多いので、栽培方法の知識を勉強する時間や手間がかかります

料金だけで市民農園を選択しないように、代表的なシェア畑と市民農園の違いをまとめました。

市民農園
  • 利用料金が安い
  • 入会金や運営費が不要
  • 面積は広いが手間になるかも
  • アドバイザーがいない場合も
  • 募集が年1回が多い
  • 人との交流が少ない
シェア畑
  • 利用料金が高い
  • 入会金も初期費用として必要
  • 畑の広さを選びやすい
  • 菜園アドバイザーが駐在
  • 募集は空きがでれば随時OK
  • 人と交流しやすい

特に、市民農園は募集時期があるので、すぐに始められないことも。その点、シェア畑は空きがあればすぐに借りられます。

1年目はシェア畑、2年目は市民農園にチャレンジするのも方法の一つです。

\WEBで説明会に参加OK/

シェア畑をみてみる

指導員に相談可・手ぶらでレンタル!

口コミ・評判
【シェア畑の評判】悪い口コミは?料金以外の5つの良くないポイントを徹底検証|2022年版【シェア畑の評判や口コミを知りたい人向け】畑をレンタルできるシェア畑が気になるな。良い感想が多いと聞くけど、なぜ人気なのかな。やってみた評判はどうなんだろう。悪い口コミも知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...
シェア畑の料金
【シェア畑の料金が高い理由はコレ!】市民農園と費用を徹底比較シェア畑の料金が高いといわれる理由を知りたい人向けです。シェア畑を借りるのに料金が高いと聞くな。入会金も必要だと聞くし、本当はどうなのかな。利用する時の費用や注意点があれば知りたいな。こういった疑問に野菜大好きのベジタンが回答します。...

↑目次へ戻る

まとめ

今回のコラムでは「冬野菜は何がおすすめ?9月・10月・11月頃に植え始める野菜とは」をご紹介しました。

野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、特に冬野菜には甘みの多い葉ものの種類が豊富なのが特徴です。

栽培ができる野菜の種類も多く、栽培方法も簡単ですが、アブラナ科の作物が多いので連作障害には気を付ける必要がありますね。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイト口コミ評判

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイト
口コミ評判

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイト口コミ評判