貸し農園の基礎知識

【貸し農園・市民農園・体験農園の違い】何が違う?利用する前に知っておきたい特徴とは

貸し農園 市民農園 体験農園

貸し農園、市民農園、体験農園の違いを知りたい人向け。

畑をレンタルしたいけど、貸し農園や市民農園、体験農園と呼び方が色々あるけど、何が違うのか知りたいな。どれがいいんだろう?
ベジタン
ベジタン
それぞれの違いを知っておこう。

最近、畑を借りて、野菜の栽培を通じて食育に力を入れている家族が増えています。

でも、はじめて畑を借りるときに「貸し農園」「市民農園」「体験農園」とか呼び方が色々あって、どれを選んでいいか分からない。

それぞれの違いは何かな?自分に合った畑を選び方も知りたいな。

そこで、今回は「【貸し農園・市民農園・体験農園の違い】何が違う?利用する前に知っておきたい特徴とは」をご紹介します。

貸し農園と市民農園と体験農園の違い

貸し農園や市民農園、体験農園の違いは、大きく分けて「企業が運営」「自治体や個人が運営」「畑をレンタルしない収穫体験」の違いがあります。

それぞれ呼び方は違いますが、定義はないので意味が重なっている農園も多いです。

ただ、体験農園は農業体験とも呼ばれ、プロの農家から野菜づくりのノウハウを学びながら畑作業やBBQなどのイベントに参加するカルチャースクールです。

なので、貸し農園や市民農園のように畑を区画で借りるのではく、あくまでも農家が主体で利用者が入園料や利用料を支払い、講習会やイベントで野菜づくりを体験するものという大きな違いがあります。

それでは、さらに詳しく3つの違いを紹介していきます。

開設や運営の違い

貸し農園・市民農園・体験農園の違いの1つは、畑の開設者の違い。

  • 貸し農園:農家から企業が畑を借りて代行して開設
  • 市民農園:区市町村、農業協同組合、農家で主に区市町村が開設
  • 体験農園:農家自らが開設

貸し農園の代表的な企業としては「シェア畑」や「マイファーム」が有名。空きスペースや休耕地などを農家や土地の所有者から借り上げ、それを企業として貸し出しています。

一方、市民農園は区市町村や農業協同組合、農家などが中心となり運営していることが多く、区市町村が管理している農園も多いのが特徴。

最後に、体験農園は農家が農園での栽培している野菜を一緒に育てたり、収穫のときだけ参加する観光農園。あくまでも農家が自分で栽培して育てている農園が多いので、「お試し栽培」ともいえるサービスです。

↑目次へ戻る

募集方法や利用期間の違い

貸し農園・市民農園・体験農園の違いの2つ目は、募集方法や利用期間の違い。

  • 貸し農園:空きが出れば随時レンタルが可能
  • 市民農園:年間契約で1~2月のみ募集していることが多い
  • 体験農園:収穫だけなので特に決まりはない

貸し農園は企業が運営し、年の途中で解約が出ても畑を元の状態に戻してから貸し出してくれるので、基本的に畑が空けばレンタルができるのが特徴。利用期間も延長が可能。

一方、市民農園は自治体が管理し、年間契約でしか貸し出していない農園も多いのが特徴。募集時期を待たないといけないことも。利用期間も延長ができず、1~2年の契約が多いので、レンタルする際は延長が可能かを確認する必要があります。

体験農園は、あくまでも収穫などの体験なので、特に決まりはありません。収穫時期になれば事前にお知らせが届くので、収穫祭などのイベントに参加できるようになります。

↑目次へ戻る

農具貸し出しやサポートの違い

貸し農園・市民農園・体験農園の違いの3つ目は、農具貸し出しやサポートの違い。

  • 貸し農園:基本的に農具の貸し出しや指導員が常駐
  • 市民農園:農園によって違うが、基本は指導員不在
  • 体験農園:畑の管理者が全て準備

企業が運営する貸し農園は指導員やアドバイザーが常駐しているので、栽培方法などを相談することができます。

市民農園の場合は、農園によって差が大きく、農具の貸し出しや指導員・アドバイザーのサポートがないことが一般的です。

体験農園は、畑の管理者が農作業を行うので農具の準備やサポートも心配することはありません。

↑目次へ戻る

結局、3つの農園のなかでどれがおすすめ?

野菜を栽培するという点ではどれも同じですが、ポイントをまとめてみました。

  • 貸し農園:利用料金が高いがサポートがある
  • 市民農園:利用料金が安いがサポートがない
  • 体験農園:サポートがあるが指導者まかせ

貸し農園:一般的に料金が高いがサポートがある

貸し農園で畑をレンタルする場合は利用料金が高いですが、農具や栽培のサポートを受けることができるので、はじめて野菜栽培をしようとする初心者向けです。

市民農園:一般的に利用料金が安いがサポートがない

市民農園は利用料金が安いですが、栽培サポートを受けられないことが多く、野菜作りの経験者がある人向けです。

体験農園:サポートがあるが指導者まかせ

体験農園は、その名の通り体験がメインなので、野菜の栽培については指導者が基本的にやってくれるので、収穫などのアクティビティを楽しみたい人向けです。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分にあった農園を選びましょう。

↑目次へ戻る

貸し農園と市民農園と体験農園の違いまとめ

今回のコラムでは、「【貸し農園・市民農園・体験農園の違い】何が違う?利用する前に知っておきたい特徴」をご紹介しました。

同じ農園と言っても、開設者や目的によって利用目的が違っています。特に、貸し農園と市民農園は同じような意味合いで使われています。

一方、体験農園はあくまでも体験なので、1回限りの参加型が多いですね。ただ、なかには農家の指導のもとで農家が決めた野菜作りに参加するという農園もあるので、貸し農園・市民農園の考え方に近いかもしれません。

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る