食全般の資格

フードコーディネーター3級は独学で取れる?難易度と合格率から分かる資格の特徴とは

フードコーディネーター3級を独学で取れるか知りたい人向けです。

資格を取得するためには試験を受けないといけないらしい。フードコーディネーター3級試験の難易度や合格率を知りたいな。そもそも独学で取れるのでしょうか。
ベジタン
ベジタン
級によって試験内容が大きく変わるので、独学で取れるかもあわせて紹介します。

フードコーディネーターは、食品の知識や調理法はもちろん、メニュー開発から撮影現場での食材や料理の魅せ方までプロヂュースする幅広い仕事に関係する資格です。

特に、フードコーディネーターとして活躍している方も多く、様々な分野で活躍できる資格となっています。

ただ、資格を取得するためには一部を除いて試験を受験しなくてはならない、試験の難易度や合格率が気になる人もいるでしょう。

このコラムでは、フードコーディネーターになるための方法や試験の難易度や合格率が分かります。

そこで、今回は「フードコーディネーター3級は独学で取れる?難易度と合格率から分かる資格の特徴とは」をご紹介します。

フードコーディネーター資格は独学でOK?


フードコーディネーター資格を取得するには独学でも取得することができます。

理由は受験資格が下記になっているためです。

  • フードコーディネーター3級:中学校卒業以上
  • フードコーディネーター2級:3級資格認定登録者
  • フードコーディネーター1級:2級資格認定登録者(取得分野に限る)

つまり、3級の受験資格は中学校卒業以上なので、講座の修了は必要ではなく、誰でも試験に合格さえすれば資格を取得することができることなります。

ただ、1級と2級は、試験でプレゼンテーションや資格認定講座の取得が必要となるので、試験内容をよく確認しておくことが大切です。

では、試験の難易度や合格率はどうなのでしょうか?

↑目次へ戻る

フードコーディネーターの難易度・合格率


当資格の難易度や合格率は、以下のとおりです。

  • フードコーディネーター3級の合格率:未発表
  • フードコーディネーター2級の合格率:1次・約86%(2次は認定講座の受講)
  • フードコーディネーター1級の合格率:未発表

実は、1級や2級の取得に必要なフードコーディネーター3級の合格率は発表されていません

ただし、2級1次試験の合格率が約86%(2019年度、2次は認定講座の受講)となっているので、3級はそれほど難易度は高くはないといえるでしょう。

同じ食全般の資格として食生活アドバイザー®資格がありますが、2級の合格率は約40%、3級は約65%です。

そのため、資格の難易度としては食生活アドバイザー®のほうが合格率だけを見ると難易度が高いですが、逆に実力が問われる人気の資格になっています。

↑目次へ戻る

フードコーディネーター3級の学習方法

1級や2級を受験するためには、まずは3級の取得が必要になります。

そのため、まずはフードコーディネーター3級の概要を確認しておきましょう。

資格名 フードコーディネーター3級
認定機関 特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
受験資格 3級:中学校卒業以上
受験形式 会場受験・CBT(Computer Based Testing)方式
試験日 通常11月頃(年1回)
試験内容 「食」に関わる4分野。「文化」「科学」「デザイン・アート」「経済・経営」の知識
難易度・合格率 未発表

学習方法は市販されているテキストで学ぶこともできるので、特に3級は独学で取得することもできるでしょう。

↑目次へ戻る

フードコーディネーターのおすすめテキスト

資格認定資格対応の公式テキストが市販されているので、それを利用するのがおすすめです。

特に、3級は食に関する基礎知識が問われるので、テキストを徹底的に覚えれば独学でも比較的対策ができます。

さらに、認定団体では任意で資格試験前に試験対策講座を開講している場合があるので、費用がかかりますが、試験の前準備に受講するのも方法の一つです。

↑目次へ戻る

独学OK!フードコーディネーター3級まとめ

今回のコラムでは、「フードコーディネーター3級は独学で取れる?難易度と合格率から分かる資格の特徴とは」をご紹介しました。

話題のフードコーディネーターは、3級なら協会が認定する学校に通学して免除されるか、独学でも取得することができます。

ただ、費用が安いわけではないので、本当に取得する価値があるのか?意味があるのか?を考えることが大切です。

さらに、フードコーディネーターとよく比較される食生活アドバイザー®を参考してみるとイメージがわきやすくなりますよ。

↑目次へ戻る