野菜の基礎知識

【人参ジュースを飲んではいけない人は?】野菜の栽培ならニンジンがおすすめ理由とは

ニンジンジュース

人参ジュースを飲んでいけないと言われる理由を知りたい人向けです。

人参を育てようと思うけど、収穫したら人参ジュースを作りたいな。ただ、飲んではいけない人がいるらしいけど、本当かな。
ベジタン
ベジタン
人参を栽培する方法も紹介します。

野菜を育てようと思ったら日持ちする人参とかが便利です。根菜類なので育て方もそれほど手間がかからないのが魅力。

ただ、せっかく人参を収穫したなら人参ジュースを作って飲んでみたい!と思うはず。

人参には豊富なカロテンが含まれていることで知られていますよね。

ただ、人参ジュースを飲んではいけない人もいるという噂を聞くので、本当なのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【人参ジュースを飲んではいけない人は?】野菜の栽培ならニンジンがおすすめ理由とは」をご紹介します。

人参ジュースを飲んではいけない人とは?

結論から言うと、人参ジュースを飲んでいけない人は基本的にいません

もちろん、飲みすぎなどの過度の量を飲むことは人参ジュースに限らず同じです。

逆に人参に含まれる豊富なカロテンがとれるので、積極的に飲んでおいて損はありません。

青汁よりもクセがなく甘いので、青汁はちょっとな、と思う人には人参ジュースがおすすめ。

特に、自分で収穫した人参をジュースで飲めるのは最高ですよね。

↑目次へ戻る

年2回収穫できる!人参の簡単な栽培方法

人参は緑黄力野菜の代表ともいえ、栽培自体は簡単なので、家庭菜園初心者でも大丈夫です。

種植えは年2回で3月~4月中旬に行う「春まき」と、7〜8月上旬に行う「夏まき」です。効率よく栽培できるのが魅力です。

場所は直射日光を避けた適度な日当たりと、風通しの良い場所(15〜25度)で冷涼な環境が適しています。

人参の種は非常に小さいので、種をまく前に土を湿らせておきましょう。

あとは種まきから5〜10日で発芽し、必要に応じて追肥を行うだけです。ポイントは発芽までは土を湿った状態にしておくことですね。

↑目次へ戻る

飲みすぎ注意!?おすすめの人参ジュース

ただ、そもそも農園を借りるのは費用と手間がかかるから無理、と言う人もいると思います。

そのような時には市販されている人参ジュースを購入するのも方法のひとつです。

にんじんは物によっては、まずいものもあるので有機とかなら安心で風味もいいですね。

↑目次へ戻る

人参ジュースを飲んではいけない人まとめ

今回のコラムでは「【人参ジュースを飲んではいけない人は?】野菜の栽培ならニンジンがおすすめ理由とは」をご紹介しました。

せっかく貸し農園で野菜を育てるなら人参がおすすめ。そのまま調理するだけでなく、ジュースにもできるのが魅力。

特に、人参ジュースを飲んでいけない人はいないので、逆に積極的に飲むのがおすすめです。

栽培は無理だけど、人参ジュースは飲んでみたいという人は市販のものを試してみましょう。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る