野菜の基礎知識

【防虫剤の作り方】天然や自然なもので作れるの?安心・安全な虫よけ液とは

天然の防虫剤

天然や自然の材料を使って防虫剤の作り方を知りたい人向け。

市民農園で農薬を使った防虫剤は使いたくないので、天然の防虫剤がないかな。自分で作れるのだろうか。
ベジタン
ベジタン
自然な材料で作る虫よけ液を紹介するよ。

野菜を栽培する上で困るのが、野菜を食べてしまう虫

はじめて野菜を栽培する人は無農薬で作りたいこともあって、自分で対策をしないといけないので大変です。

出来る限り農薬は使いたくはないといっても、そこは「安心・安全な天然の防虫剤」を使うのがおすすめです。

でも、自分で天然や自然にあるものを使って防虫剤は作ることができるのでしょうか?

そこで、今回は「【防虫剤の作り方】天然や自然なもので作れるの?安心・安全な虫よけ液とは」をご紹介します。

天然や自然のものを使った防虫剤の作り方

病害虫を防ぐための天然の防虫剤を家にある安心・安全な材料を使って作ることができます。

ここでは日常的に手に入るものを使った防虫剤の作り方を見ていくことにしましょう。

  • お酢と石鹸水
  • 木酢液とニンニク
  • 牛乳と石鹸水

お酢と石鹸水

害虫を寄せつけにくくする効果に加えて、カビなどの細菌などの増殖を抑えるのにも使えるのが、お酢。

お酢を500~1000倍程度に薄めたものを散布するだけでも十分に効果があります。その際に石鹸水と一緒に混ぜると、効果をより持続させることができるのでおすすめです。

木酢液とニンニク

木材を乾留した際に生じる液の上澄み分が木酢液(もくさくえき)です。市販もされているので簡単に手に入れることできます。

木酢液とニンニクをすりつぶしたものを水に溶かして葉の裏に散布すれば、害虫の撃退に効果的です。色々な害虫に効果があるので、葉が多く茂る野菜には使用したい天然の防虫剤です。

牛乳と石鹸水

害虫のなかでもアブラムシに効果があるので、牛乳を散布すること。ただ、原液のままではスプレーが詰まってしまうので、石鹸水などで薄めて使用するのがおすすめです。

牛乳なら簡単に手入れることができ、薄めて使うことができるので、費用も抑えることができます。

↑上に戻る

天然の防虫剤を使用するときの注意点

天然の防虫剤といっても、原液のまま散布すると植物の生育を阻害するものも多いので注意が必要です。

通常は500~1000倍に薄めて使用しますが、防虫したい場所によっても濃度を変えましょう

例えば、土壌に散布するのであれば濃い目にしても大丈夫ですし、葉の裏に散布する場合はやはり薄めて使用します。

また、草木の灰などの自然な防虫剤は薄める必要がないので、害虫の予防のために、畝や葉面に軽く散布しておくのもおすすめです。ホームセンターなどでも販売されていますが、自分で作ることもできます。

自分で病害虫の対策をするための参考書籍

市民農園などでは自分で病害虫の対策をしなければいけないので、体系的に対策方法を知りたい人も多いはず。そのような場合は、下記のような書籍が参考になります。

created by Rinker
¥1,980
(2021/09/23 21:18:32時点 Amazon調べ-詳細)

その他にもYouTubeで検索すると、色々な天然の防虫剤の作り方や使い方が紹介されているので参考にしてみましょう。

↑目次へ戻る

市民農園では薬剤の使用が禁止されていることも

住宅地に隣接した家庭菜園や市民農園などでは、農薬の飛散を原因とする住民や子ども等への健康被害が問題になっています。

そのため、被害が生じないようにできるだけ努めることが求められます。

市民農園では農薬の使用が禁止されている場合もあるので、契約をする前には必ず規約を確認しておきましょう。農薬を使用する場合も記録をつけることや使用方法や使用回数、使用上の注意を守ることが大切です。

また、市民農園でのトラブルとして、「せっかく無農薬栽培をしているのに隣の区画で農薬を使っていた」ということでモメ事になることもあります。

特に、市民農園には指導員やアドバイザースタッフが常駐していないことも多いので、どのようにして害虫を防げばいいか分からない場合は自分で調べるなどが必要になります。

一方、シェア畑やマイファームのような企業が運営する貸し農園では、アドバイザーが常駐しているので、防虫の方法などを指導してもらうことができるので安心です。

↑目次へ戻る

天然や自然のもので作る防虫剤まとめ

今回のコラムでは、「【防虫剤の作り方】天然や自然なもので作れるの?安心・安全な虫よけ液とは」をご紹介しました。

安心で安全な野菜を食べようと思うなら、天然の防虫剤を使うのが必須です。害虫がついてからでは遅いので、いかに土や葉につかないように対策するかが重要。

まずは、病害虫の発生しにくい土づくりや人手による害虫の捕殺、防虫ネット等の活用によりできるだけ農薬を使わずに済むような工夫をしましょう

特に、市民農園では農薬の散布を禁止している農園も多いので、どのように自分で害虫対策をするかが重要です。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る