▶ゼンブヌードルが4食分&送料無料で673円!>>>

【ぼかし肥料とは】どのような使い方があるの?土を豊かにする資材の効果

ぼかし肥料

ぼかし肥料について知りたい人向け。

市民農園で肥料を使う必要があるけど、ぼかし肥料というのをよくネットで見かけます。ぼかし肥料とは何かな。使うメリットやデメリットを知りたいな。
みつき
何を「ぼかす」か説明するよ。

野菜を栽培する上で欠かせないのが肥料です。上手に使うことで、野菜の成長をさせるので収穫量を増やすことができます。

肥料といっても数種類の有機質の肥料を混ぜて発酵させた「ぼかし肥料」と主体としてものが一般的です。

ぼかし肥料?って何か変な名前だぁ、と思う人もいるかもしれませんね。

そもそも、なぜ「ぼかし肥料」というのでしょうか、さらに、ぼかし肥料にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで、今回は「【ぼかし肥料とは】どのような使い方があるの?土を豊かにする資材の効果」をご紹介します。

目次

ぼかし肥料とは土を豊かにする資材

ぼかし肥料とは、数種類の有機質の原料を使って、発酵させた肥料のことです。有機の肥料を微生物によって発酵させて原形からぼかすところから、ぼかし肥料と呼ばれています。

といっても、何のことがよく分からないですよね。

もう少し詳しく「ぼかし肥料」について説明していきましょう。

肥料といっても、実は「化学肥料」と「有機肥料(ぼかし肥料)」という2種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらを使うかは栽培している種類やどう育てていきたいかによって変わってきます。

ただ、家庭で野菜を安全に安心して食べられるように育てるのに「有機栽培」を目指している人も多いでしょう。有機栽培には、有機肥料が欠かせません。

ぼかし肥料の原料は米ぬかなどで、いくつかの有機物を混ぜ合わせて発酵させているのが普通の肥料との違いです。 使用する有機物の種類や量で、肥料の3要素「チッ素・リン酸・カリウム」のバランスを整えることができます。

ぼかし肥料を使うメリット

ぼかし肥料のメリットは、微生物を使って発酵させているので、強い効果があらわれます

しかも、長期間の効果が持続するので、これから畑を利用しようと考えている人には必要な資材です。

ぼかし肥料を使うデメリット

ぼかし肥料のデメリットは、ぼかし肥料を使い過ぎると、強い効果と即効性があるので与えすぎると茎や葉が成長し過ぎてしまうことです。

特に、野菜の成長に必要な「チッ素」が増えて過ぎてしまうと、根っこに触れると肥料やけを起こしてしまうこともあります。

その結果、肝心の実ができない、腐りやすい、害虫がつきやすいといったトラブルの原因にもなるので注意しましょう。

ぼかし肥料を手に入れる方法

ぼかし肥料は自分で作ることもできますが、便利な市販品が流通しているので、初心者の方は市販品を利用したほうが効率がいいですね。

ホームセンターなどで購入することもできますが、ネット通販も可能です。

ただ、育てる野菜によっても使用する「ぼかし肥料」が違うので、店員さんに相談ができる販売店がいいでしょう。

野菜の栽培でどの肥料を使ったがほうがいいのか、どのタイミングで使えばいいのかは、栽培の初心者では結構分からないことが多いと思います。

初心者であればあるほど、野菜の栽培で失敗するケースが多く、その大きな原因の一つが土づくりです

特に、市民農園では指導員やアドバイザーがいないことが一般的なので、全て自分で勉強や調べものをしなければいけなくなります。

一方、企業が運営する貸し農園では、栽培方法の相談ができるアドバイザーが常駐していて、肥料や堆肥が既に準備されている状態から始められるので、初心者でも簡単に栽培に集中することができます。

1年目は貸し農園を借りて野菜栽培の基礎を学び、2年目以降は市民農園で野菜を栽培するのも方法のひとつです。

野菜栽培の方法や悩みを相談するなら?

悩む女性

野菜の育て方について、ちょっと質問をしたいけど、誰に相談したらいいか分からない!こういったことはありませんか。

特に、はじめて野菜の栽培を考えている人にとって、家事や仕事、子育てがあるなかで、なかなか解決法を本やネットで探す大変ですよね。

そのような時には「ココナラ」が便利!ココナラは個人や企業の知識やスキルを共有できるサービスです。

ココナラでは、野菜栽培の経験者やプロが出品しているので、野菜の栽培に関することなら何でも相談ができます。

数百円から数千円で、ちょっとした質問や本格的なアドバイスを受けることができます。

まずは、登録して、どのような相談ができるかをチェックしてみましょう。

\ 野菜栽培のプロに何でも相談できる /

無料登録&初回300ポイントGET

ぼかし肥料の意味や使い方まとめ

今回のコラムでは、「【ぼかし肥料とは】どのような使い方があるの?土を豊かにする資材の効果」をご紹介しました。

ばかし肥料とは何かや、メリットやデメリットとなどを説明してきました。自分で作ることもできますが、初めて野菜づくりをするのであれば、市販品を作るのがおすすめです。

シェア畑やマイファームなどでは、必要な肥料や堆肥は既に準備されているので心配する必要はありません。

こういった企業が運営する農園を利用するのも方法の一つです。

野菜の栽培や畑の管理に不安があるなら、1年目はシェア畑のような貸し農園、2年目は市民農園に挑戦するのも方法のひとつです。

\ まずは無料の説明会から /

オンラインで自宅から参加!

評判を知りたい人は、下記のコラムを参考にしてみてくださいね!

料金については、下記からどうぞ。

目次
閉じる