野菜の基礎知識

【アボカドの基礎知識】何科?原産国は?栽培をする前に知っておくべきこととは

アボガド

アボカドについて詳しく知りたい人向けです。

アボカドはサラダとかでよくみかけるけど、どういった野菜なのかな。特徴や原産国などを詳しく知りたいな。
ベジタン
ベジタン
実はアボカドは野菜ではなく果実です。

アボガドは女性の間でも人気の果物となっています。ここで果物?野菜じゃないの?と思われるかもしれません。

実は、アボカドは「果物」に分類されています。例えば、何科なのかや原産国はどこかなど意外と知らないことが多いと思います。

特に、家庭菜園や貸し農園でアボカドを育てるなら知っておいたほうがいいこともあります。

アボカドの基礎知識は、以下のとおりです。

分類 クスナキ科ワニナシ属
栽培を始める時期 種から育てるなら3月~4月頃
栽培時期 5月から10月頃
収穫時期 11月から12月頃
市場に出る時期 7月頃

そこで、今回は「【アボカドの基礎知識】何科?原産国は?栽培をする前に知っておくべきこととは」をご紹介します。

アボカドは何科?野菜?果物?

アボカドは、クスノキ科です。英語でAvocado、学名はPersea americana。

ワニナシ属は、アボカドの表面がワニの皮に似ているからという話も。

さらに、表面の緑色が濃いので野菜と思われがちですが、実は果実に分類されています。

海外ではサラダ、タコス、サンドイッチ、巻き寿司(カリフォルニアロール)の具材として用いられることが多いですね。

油脂が多いので、アボカドオイルとしても流通しています。

↑目次へ戻る

どこで取れる?アボカドの原産国

アボカドの原産国は、中央アメリカでメキシコやペルーなどが有名です。特に、メキシコはアボカドの生産量・消費量ともに世界一。

日本で市販されているアボカドもメキシコ産やペルー産が中心になり、国産(日本産)は少なく、鹿児島県や沖縄県のように比較的温暖な気候で栽培されています。

いつ取れる?アボカドの収穫時期

5月頃に花が咲き、果実の収穫は11月から12月頃以降になります。そのため、栽培を始めるなら3~4月から苗植えを始める必要があります。

種から栽培するには、水耕栽培で種から苗を育てます。基本的に暑い国で収穫されるので、温暖な気候のほうが望ましいでしょう。

苗が育ったら、土に植え替えをすることで数メートルの高さまで成長します。

【アボカドの栽培方法】種から?苗から?失敗しない植え替えの育て方とは

↑目次へ戻る

アボカドの基礎知識まとめ

今回のコラムでは「【アボカドの基礎知識】何科?原産国は?栽培をする前に知っておくべきこととは」をご紹介しました。

せっかくアボカドを育てるなら、育て方だけでなく、基本的な知識も知っておきたいですよね。

基礎知識を持つことで、さらに興味を持つことで育てることに楽しみがわきます。

↑目次へ戻る

\ おすすめの野菜宅配サービス /
坂ノ途中は京都が本社。西日本を中心に新鮮な野菜が届く。初回から3回分の送料無料が魅力。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る

食べチョクは農家とやり取りができる珍しいサービス。お試しは、どのサイズも初回1,000円引きでお得。回数縛りなし。

公式サイトを見る
口コミ・評判を見る

ビオ・マルシェは全てJAS有機野菜が売り。お試しは送料込みで1,500円と試さない理由がない。

公式サイトを見る口コミ・評判を見る